CA MOBILE TECH BLOG

株式会社シーエー・モバイルのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社シーエー・モバイルの技術広報による、
技術に特化したブログです。
エンジニアとデザイナーの活動や思想を綴ってゆきます。

【仕事の現場 Creative】 #19 自分らしさを重視するデザイナー

f:id:cam-engineer:20181107151004p:plain

ー 何をしていますか

今はweb広告のデザインをメインに、時々社内活性化のためのポスターを作っています。

前職でグラフィックデザイナーとして5年ほど印刷系のデザインをしていたので、ポスターを作るのは得意な方ですね。

社内活性化ポスターは、世の中にある誰でも知っているものを元ネタにしています。元ネタがあると作りやすいし、みんな知ってるから喜んでもらえます。


ー 最近印象に残ってる仕事はありますか?

転職サイトのLPデザインとバナーを制作しました。ターゲットは、年収800万円以上のハイクラス人材なので、モデルの写真はサングラスやヒゲなどラフなイメージはNGでした。

エグゼクティブ感を大事にするため、ネクタイは必須、背景に外資系人気もあり、日本人より外国人のモデルのほうがマッチしましたね。


ー ところで、デスク周りにいろんなものがありますね。

このシーサーは、達成祝いで行かせてもらった沖縄旅行の思い出の品。頑張った仲間みんなでおそろいで買いました。

f:id:cam-engineer:20181107150924p:plain

仕事中は指輪が邪魔で外すので、このミッフィーを指輪スタンドにしています。

コースターは水とコーヒー用に2つそろえています。ラバー製のはコーヒー用、紙製のはボトルにつく水滴対策で水用です。

f:id:cam-engineer:20181107150930p:plain

このインセンスは、京都に本店がある『リスン』というお香のお店の青山店で買いました。使わない時に匂いが拡散しないよう、ふたが閉じられるようになっています。

狭い範囲で薫るタイプなので、周囲の人に迷惑をかけないところ、(持ち運ばないけど)持ち運べるところが気に入っています。

ノートはモレスキンがお気に入りです。サイズ的に使いやすくポケットもあり、ハードカバーなので立ったままでも使えてる点も便利なんです。

f:id:cam-engineer:20181107150944p:plain

ただ、ノートにしては高価なので、2冊目はAmazonベーシックで見つけた瓜二つのものにしました。

紙質だけ違うのは知っていたのですが、実際にペンを走らせた時、自分が期待した書き味とは違っていて、、、完全に好みの話ではありますが、そこがこんなに気になる位なら、お金をケチらなければよかったなと反省しました。

f:id:cam-engineer:20181107150950p:plain


ー ノートのふたが閉じっぱなしですが、マシンはどのように使っているのですか?

f:id:cam-engineer:20181107150938p:plain

MacBook ProとEIZOのディスプレイを使用しています。大きい方のディズプレイだけ見ているので、ノートのふたは閉じっぱなしにしています。

マウスは充電式を使っているのですが、ごくたまに充電を忘れてしまうので、そんな有事の時のため、予備で電池式のも持っています。

f:id:cam-engineer:20181107150957p:plain


ー こだわりが伝わってきますね。最後に、仕事をする上で大事にしていることを教えてください。

一番はディレクターからの依頼を、盲目的に実践に移さないということでしょうか。

指示書に具体的な内容が書いてあっても、自分の目で見て、実際に使ってみたり、自分で調べたりした上で、みんなが本当に求めている結果ってなんだっけ?というところに立ち返るようにしています。

短納期のものだと、焦っていきなり手を動かしてしまいそうになりますが、そんな時ほど一呼吸置いて、平常心になってから手をつけるようにしています。

最後は『自分らしさ』を大事にしています。やり方や制作物に自分らしさが出ていなければ、それは自分じゃなくてもいい仕事。自分の存在価値はない、と思っています。


ー 持ち物や仕事への取り組み方から、とても強いこだわりが聞けましたね!本日はありがとうございました。


( 取材 / 記事:技術・クリエイティブ広報 桑田 )


「仕事の現場」は、株式会社シーエー・モバイルのIT技術者たちの作業環境(デスク)を、ご本人情報は伏せつつ写真とインタビューで紹介する連載です。デスクトップの配置のこだわりや、ツールのチョイス、そして一見、仕事に関係なさそうなナゾの小物たち・・・作業環境を見れば性格が分かる!?掘り下げなければ見えてこない、多種多彩な技術者たちの生態を少しずつ明らかにしていきます!