CA MOBILE TECH BLOG

株式会社シーエー・モバイルのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社シーエー・モバイルの技術広報による、
技術に特化したブログです。
エンジニアとデザイナーの活動や思想を綴ってゆきます。

AWS Summit Tokyo 2018 登壇レポート

f:id:cam-engineer:20180605183204p:plain

2018年5月30日~6月1日、東京・品川で開催された「AWS Summit Tokyo 2018」にて、当社社員が登壇いたしましたので、プレゼンテーションの概要をレポートいたします。

AWS Summit とは

AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティーが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス(AWS)に関する情報交換、コラボレーション、学習を行うことができる日本最大級のクラウドコンピューティングカンファレンスで、世界 23 ヵ国以上 33 か所以上の都市で開催されています。

f:id:cam-engineer:20180605183722p:plain

f:id:cam-engineer:20180605183718p:plain

(参照:AWS Summit:https://www.awssummit.tokyo/tokyo/

登壇者について

今回、東京会場での最終日(6月1日)にエンタープライズの事例のカテゴリーで、当社の庭木・坂本の2名が登壇しました。

f:id:cam-engineer:20180605183446p:plain    f:id:cam-engineer:20180605183450p:plain
▲ 写真左: 庭木 勝也 右:坂本 佳久

プレゼンテーション概要

「AKB48 のモバイルサイトを他社のデーターセンターから AWS に Amazon ECS を用いて移管した話」と題し、ここ1〜2年の間に経験した大きな変化について、具体的事例を取り上げながら紹介しました。

内容は主にAWS移管やECSの利用を検討する方向けの構成となっています。

なおこのセッションについては、Amazon Web Services ブログでも、「AWS Summit Tokyo 2018 メディア/エンターテイメント関連セッションのみどころ」としてご紹介いただきました。

目次

3ヶ月でECSを用いてAWS移管した方法をまるっと紹介、というテーマで、以下の項目についてお話させていただきました。


1. 会社紹介

2. AKB48 モバイルサイトの移管

3. 利用技術の選定

4. DBの移管

5. WebサービスのECS利用

6. まとめ


登壇者ごとの発表内容の分担は以下の通りです。

庭木

  • 移管にあたっての技術の紹介とその選定理由
  • DBの移管方法
  • エンジニアの意識の変化 f:id:cam-engineer:20180605183730j:plain

坂本

  • ECSの概念とその活用
  • コンテナ使用時のログ管理
  • 弊社での具体的な設定例 f:id:cam-engineer:20180605183733j:plain

当日のスライド

www.slideshare.net

関連資料

また、今回の発表内容については、過去のブログ記事にて、より詳細にご紹介しておりますので、ぜひこちらもご一読いただければと思います。

【 AWS移管物語-上- 】MySQl 5.1 から AWS Auroraへ tech.camobile.com

【 AWS移管物語-中- 】サービス移管プロジェクトで SendGrid を導入したお話 tech.camobile.com

【 AWS移管物語-下- 】サービス移管プロジェクトで ECS を導入した話 tech.camobile.com

まとめ

オンプレミスからクラウドへ、サーバ運用をやめてコンテナ導入へ、という大掛かりな変化、そしてそれに伴って変えざるをえないプロダクトや開発・インフラの役割、運用体制。

従来の方法や考え方が通用しない大きな変化を取り込み、社内外のステークホルダーを納得させ、巻き込み、推し進めていくのは、なかなかカロリーの要る作業です。

これをどう工夫し浸透させていったか、そのストーリーを実際の具体的事例とともに紹介することで、これから導入を検討している企業にとって、多少なりとも実利的な情報を提供することができたのではないかと思います。

シーエー・モバイル社内のAWS移管プロジェクトは、まだまだ進行形です。今後も、新たに遭遇した課題やその解決方法などについて、追ってレポートできればと思っています。

(シーエー・モバイル技術広報/桑田)