CA MOBILE エンジニアブログ

株式会社シーエー・モバイルのエンジニアブログです

最後のイタコ「松田広子」から読み解く占いのデザイン

f:id:cam-engineer:20171031164013j:plain

こんにちは。CAM fortuneでデザイナーをしているS.Iです。

この度「最後のイタコ 松田広子」というサイトのデザインを担当しました。

 


最後のイタコ「松田広子」とは?


南部八戸イタコ六世代。日本無形文化財に指定されているイタコの伝承者。 現役のイタコでは最年少のため、「最後のイタコ」と呼ばれています。 

南部一之宮・櫛引八幡宮の流れをくむ非常に信心深い家庭に育ち、 高校一年生で南部八戸イタコ五世代・林ませ氏に弟子入りしました。

 イタコの中で一番人気を誇り、行列は朝4時から12時間待ちを記録するほどです。

 あの世とこの世、神の世界と人間をつなぐ憑代として、 命と魂を変える言葉を伝えることを使命としています。
 


 
このサイトの見どころはどこですか?

  f:id:cam-engineer:20171109181623g:plain   f:id:cam-engineer:20171031164216g:plain


 
様々な占いが楽しめるのですが、一番の人気は気になる人との相性鑑定ができる祭文霊符占と魂の口寄せです。


 あなたやあの人の魂の性質やあなたの守護霊が伝えていることなどイタコにしかわからないお話を、享受させてもらえます。

 
フロントエンジニアにアニメーションにも拘って頂き、楽しく飽きさせない工夫をしています。
 

 


デザインするにあたって大切にしていることはなんですか?
 

f:id:cam-engineer:20171114162032g:plain


神秘的な恐山のイメージと妖霊な雰囲気を引き出す為に、要所に光らせたり
背景の退廃的神秘さなどのビジュアルに拘りました。

 使用するフォントは二種類に抑えたり、日本古来の色を調べて使用したり和の世界観を確立させるように集中しました。
 
 
占いのサイトのデザイン

f:id:cam-engineer:20171031164938p:plain   f:id:cam-engineer:20171031165006j:plain


 
森・神秘的な光・霊などの有機的なイタコのビジュアルイメージと無機的なウェブを共存させるのが結構難しく、最初はどこまでに装飾を付ければいいか悩みました。

まずシンプルに機能だけを作り、必要な分だけ描写を念入りに考えて足し算する。という方法を取りました。
雰囲気を壊さず、Webとしての構造を崩さず、Winwinにできるよう心がけました。

 


ディレクターとのやりとりで工夫したところは?


日本の無形文化財であるイタコという存在のビジュアルイメージを創り上げる所に時間を要しました。

 古き善き文化をWebで表現するというのは結構難易度が高く、伝統的な和風なデザインコーナータイトル×フラットデザインなどの掛け合いをディレクターと細部まで擦り合わせるする所がとても難しかったです。

 


最後に一言


占いサイトはWebデザインの中でも特殊でありますが、ビジュアル力とUI力の二軸を要するので、昨今のフラットデザインより労力がとてもかかり、リリースする時の達成感が倍増しました。

 
最後のイタコ「松田広子」のサイトの世界観を是非覗いてみて下さい。
ありがとうございました!



日本最後のイタコ◆松田広子

Written by : デザイナー S.I

 

関連記事:【座談会】占いサービス初のAWS導入事例:初モノづくしの開発ウラ話
tech.camobile.com