CA MOBILE TECH BLOG

株式会社シーエー・モバイルのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社シーエー・モバイルの技術広報による、
技術に特化したブログです。
エンジニアとデザイナーの活動や思想を綴ってゆきます。

【仕事の現場】 #20 人と同じものを持ちたくないエンジニア

f:id:cam-engineer:20180322205616p:plain

ー 何をしていますか?

アイドルサイトのサーバサイドエンジニアです。が、今は新規サイトのフロントエンドをやっています。いろんな意味での成長のためのチャレンジですね。あ、でも、フリーランス時代はやってましたけど。



ー いつでもチャレンジは大事ですよね!では早速、デスクを見せていただきま・・・あれ?ディスプレイの向こうに、巨大なミノムシか何かが住んでませんか?

ああ、アレはクリボーの住処ですよ。



ー え、あの、超有名なゲームに出てくる、しいたけの化け物みたいなやつですか!?

ん、ちょっと違いますけど、まあだいたいそんな感じですね。



ー (知らぬ間にすごいところに来てしまったんでしょうか。。。)えーと、じゃあマシンを。iMacがメインマシンですね。

いえ、iMacは使ってないです。ノートの画面をiMacにターゲット(ディスプレイモードで表示)してます。開発環境を統一したいので、今はこうしてノートに一元化しています。

f:id:cam-engineer:20180322205620p:plain
▲ さりげなくスタンドに刺さっていたのが、本体でした。


ー あ、そうなんですね、本当だノートが立てかけてありますね。そしてまた、すごいかっこいいキーボードですね。
f:id:cam-engineer:20180322205608p:plain
▲ 写真ではわかりにくいですが、青白いバックライトが光っています!

Azioのキーボード(http://www.aziocorp.com/webe/html/products/index2.aspx?num=130)です。人と同じものは使いたくない性分なので、Mac用でUS配列の条件で、ネットで探してて見つけました。完全に見た目で選んだんですけど、思いの外すごい使いやすくて、気に入ってます。バックライトもいい感じでしょう。



ー そうなんですね、ていうか、キーボード持ちすぎじゃないですか??

f:id:cam-engineer:20180322205612p:plain
▲ よく見たらキーボードが3つも!

そうなんですよ。1つはiMacので、もう1つはMacBookのです。3〜4年前にUS配列派に転向してたのですが、MacBookが日本語配列だったので、別途キーボードを借りたんですよ。



ー なるほど〜!その他あまり私物は多くない感じですが、置いてあるものの個性は強いですね。送風機とか、普通にお茶の間サイズじゃないですか!

f:id:cam-engineer:20180322205600p:plain
▲ この日も元気に回っていました。ちょっと寒い。。

前、ちっちゃいの使ってたんですが、僕、暑がりで年中ずっとつけてるので、壊れちゃって。なので、ヘビーユースに耐える本格的なものに変えました。



ー ヘッドホンも重たそうなの使ってますね。人気のBeatsですね。

f:id:cam-engineer:20180322205604p:plain
▲ ごついメタリックのヘッドホン。音にはそこまでこだわっていないという

このゴツさが気に入って、3年くらい前に買いました。音は、まあ・・・って感じですけど、見た目がかっこいいですし、買った当時はシリーズの中で一番高価(4万5000円くらい)だったんで。何でかって?Beats流行ってて、みんな持っているから、誰よりもいいやつが欲しかったんです。



ー へえ〜、そこもこだわるんですね!最後にこのダーツの矢について教えてください。

f:id:cam-engineer:20180322205555p:plain
▲ 今になって気がつきましたが、色も赤白黒の三原色に統一されています!
ダーツは好きで、10年くらいやってますね。これはマイダーツです。会社帰りに仲間と行くことがあります。最近は少なくなりましたけど、一時期は週2とか行ってたころもありますね。

ー さりげないところにも、個性きわだつ現場でした!今日はありがとうございました!



「仕事の現場」は、株式会社シーエー・モバイルのIT技術者たちの作業環境(デスク)を、ご本人情報は伏せつつ写真とインタビューで紹介する連載です。デスクトップの配置のこだわりや、ツールのチョイス、そして一見、仕事に関係なさそうなナゾの小物たち・・・作業環境を見れば性格が分かる!?掘り下げなければ見えてこない、多種多彩な技術者たちの生態を少しずつ明らかにしていきます!