CA MOBILE TECH BLOG

株式会社シーエー・モバイルのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社シーエー・モバイルの技術広報による、
技術に特化したブログです。
エンジニアとデザイナーの活動や思想を綴ってゆきます。

【仕事の現場】 #16 理知的な環境で働くエンジニア

f:id:cam-engineer:20180216170114p:plain

ー 何をしていますか?

占いサイトのグループに所属する、サーバサイドエンジニアです。直近は、当社の月額課金サービス全体で使っている、整合システムの管理画面の改修をしています。

このシステムは、通信キャリアのデータと整合を取るためのものですが、AWSに移管するタイミングで、より保守・運用しやすいよう、HTTP接続ができるよう(※ 現状はSSH接続)にしています。

だいぶ昔に作られたものなので、プログラムの中身を知ってる人も少ないから、私が対応しているんですが、久しぶりにPerl(のコードを)書いてます(笑)。


ー 課金事業のみんなのために頑張ってくれているんですね!では早速、デスクトップの環境を見せてください。

今はMacだけですが、Windowsを使っていた時代と同じ感覚でできるよう、同じ24inchモニタを2台使っています。

左(MacBookの画面)は、コンソール系と、SlackとかChatworkとかを、タブでまとめられるソフト「Franz」でまとめて表示しています。

f:id:cam-engineer:20180216170332p:plain
▲ まとめたソフトのアイコンが、見やすく並んで使いやすい。
【参考】
meetfranz.com

プッシュ通知も来るし、たくさんの連絡ツールを使う場合、見やすくておすすめですよ。

真ん中のモニタは主に開発用で、右のは調査系、調べ物をしたり、参照資料を表示したりしています。


ー モニターの下辺がぴったり揃ってて気持ちがいいですね!

そうなんです。モニタは高さが変えられるので、高めで揃えています。実はノート画面の下辺もけっこう揃っているんです。このティッシュの箱が絶妙な高さで、綺麗に揃いました(笑)。今はこの形で落ち着いています。

f:id:cam-engineer:20180216170219p:plain
▲ 大容量のティッシュボックスの空箱が大活躍!


ー 以前は、他のフォーメーションも試したんですか?

はい、最初はノートを真ん中にして、両脇をモニターで挟むようにしていたんですが、それは使い勝手が悪かったですね。


ー 画面も、綺麗に半分に分割表示されていて、とても整頓されて見えます。

Split View、使いやすいですよ、El Capitan(※ MacOSのバージョン)から入った機能なので、ご存知かと思いますが、いちいち画面を切り替えなくて済むから、効率的です。

f:id:cam-engineer:20180216170328p:plain
▲ Split Viewでよく見る資料を「平置き」できる。切り替えの手間がなく、見比べる時にも便利。


ー Split Viewって、こうやって使うと便利なんですね!勉強になりました。女子らしいケアアイテムがありますね。カワイビタミンとか、珍しいものもあります。

f:id:cam-engineer:20180216170324p:plain
▲ サイケデリックな見た目とは裏腹に、健康に役立つビタミン剤だった。
カワイビタミン、今はお菓子入れですが、前はこれでビタミン摂ってました。ハンドクリームは時間がある時に使ってますが、普段はこのFERZEA(※ 保湿スプレー)でケアしてます。油分が含まれないので、コード書いてる時とか、キーボードが汚れなくていいんですよ。
f:id:cam-engineer:20180216170320p:plain
▲ 手元の乾燥ケアは大事。油分が気になる時には、保湿スプレーでスマートに。

ー 私もFERZEAスプレー使ってます!いいですよね!では最後に、モニターの下にひっそりといる鯛のおもちゃ?について教えてください。

ああ、これは新年に、占いの事業部全体で買ったおみくじなんです。大吉だったので、システムの安定稼働を願って、ここに飾りました。

f:id:cam-engineer:20180216170336p:plain
▲ 大吉のおみくじを抱いた、可愛らしい鯛のオーナメント。

ー いいお話ですね!今日はありがとうございました!





「仕事の現場」は、株式会社シーエー・モバイルのIT技術者たちの作業環境(デスク)を、ご本人情報は伏せつつ写真とインタビューで紹介する連載です。デスクトップの配置のこだわりや、ツールのチョイス、そして一見、仕事に関係なさそうなナゾの小物たち・・・作業環境を見れば性格が分かる!?掘り下げなければ見えてこない、多種多彩な技術者たちの生態を少しずつ明らかにしていきます!