CA MOBILE TECH BLOG

株式会社シーエー・モバイルのエンジニア・デザイナーの活動を綴るブログです

株式会社シーエー・モバイルの技術広報による、
技術に特化したブログです。
エンジニアとデザイナーの活動や思想を綴ってゆきます。

サイバーエージェントとシーエー・モバイル、何が違うの?【メンバー・赤裸々座談会】

f:id:cam-engineer:20180109230505p:plain サイバーエージェントとの協力体制がますます強固になり、活気付いてきた昨今。

サイバーエージェントからシーエー・モバイルに来たメンバーは、両社の違いをどのように見、感じているのだろう。

数年〜数ヶ月と在籍期間の異なるメンバー7名が、それぞれの立場・体験から、率直な感想を語ってくれた。

これまでオフィシャルに語られることのなかったシーエー・モバイルの文化的特性を、赤裸々に打ち出した初めての座談会の模様を大公開!


参加者(五十音順)

岩本 苑子、大谷 剛、岡田 徳貴、齋藤 匠、豊田 領祐、長谷部 武詩、藤井 拓大 



f:id:cam-engineer:20171227191811p:plain

岩本 まずびっくりしたのが、CAMの人は、メールも電話も丁寧で、時間きっちり。最初は「今どき、メール?」と思ったけど、ビジネスマナーが大企業なみにちゃんとしててすごいなと。仕様書も超丁寧で、すごい仕事しやすいです。

あと、これもすごい嬉しかったんですが、iPhone Xが半額で買えたこと(※ 福利厚生で購入金額の半額が補助されます)!あとあと、誕生日休暇とか制度が増えることが、素直に嬉しかった!

藤井  困ること・・・(ディレクターと)席が遠いってこと位しか (笑)。

f:id:cam-engineer:20171227192044p:plain

齋藤 ホワイト企業ね (笑)。


豊田 最初の印象は、仲いいなあ〜という感じ。部署横断でも割と。CAMはビジネス観点持っているディレクターが多いって印象、会議体とかに出ると感じる。

f:id:cam-engineer:20171227191854p:plain

齋藤 KPIも見るけど、ちゃんと稼がないとねって考え方だね。


岡田 自分の所は、相当ホワイトだと思うんですよ (笑)

f:id:cam-engineer:20171227191906p:plain

齋藤 ん〜ん!みんな大人だから、そりゃやるでしょって感じ。


藤井 周りに大人が多いですよね。みんながちゃんとした社会人。


齋藤 確かに大人だよね。てか、おっちゃんだよね (笑)。若手にチャレンジさせつつ、しっかり大人が支えてるっていう安心感があるかもね。大人な分、経験値があるから、そう容易には炎上とか起こさないよね。


大谷 入る前に、「昔のCAみたいだよ」って聞いてたんですけど、確かに、自分が2010年に(CAに)入社した時の雰囲気みたいかもって思った。良くも悪くも。他にも同じこと言ってる人いました。

f:id:cam-engineer:20171227192127p:plain

齋藤 ここもっと直した方がいいなというのはある?


岩本 懇親会費が(自腹なのが)・・・。だって今までお金払った事なかったですもん。


齋藤 そう、払うのイヤだから懇親会行かない、みたいなのが出てきちゃったり、距離感できちゃうくらいなら、あった方がいいよね。うちだってお小遣い制だし (笑)


岩本 ただ、月一回必ず飲み会だと厳しい時もあるので、ランチも織り交ぜるとかだと、嬉しいですね。


齋藤 あら!行きたくない人もいるのね!そっちの目線はなかった!そうか、ママとか、いけない人もいるもんね。シャッフルランチとかの方がいいのかな?


岩本 シャッフルランチ、楽しかったです。全然知らない人と、いきなり仲良くなれるし。


大谷(やるなら)ディレクターかプロデューサーを1人は入れて欲しいです。技術者だけだと、誰も喋らなくてヤバイ、みたいな時もあるんで (笑)

f:id:cam-engineer:20171227191939p:plain

齋藤 ランダムでも、職種の比率は決めた方がいいかもね。今、全体をノートPCに切り替えてるのは、普段からもっと動き回って交流しやすいようにって狙いもあるんだよね。


豊田 PCのスペック上げるのに苦労してたから、ありがたいです!


岩本 オフィスも綺麗で環境がよくて仕事も捗ります!


齋藤 ま、綺麗だけど飽きるから。今、環境はみんなすごい満足してるけど、1年くらいすると慣れて、満足度は下がっちゃうのよ。

それよりプロダクトとしての先進性がないとか、新しいチャレンジができてないとか、技術者系の不満が課題として出てたから、制度作っていきたいね。


岩本 (連絡手段を)全体でSlackにしたいです。今、Slackとchatworkどっちも使ってて、あとworkchatもか。


長谷部 サイボウズとナスカの二重管理も何とかならないかと。

f:id:cam-engineer:20171227191956p:plain

齋藤 あ、(2018年)1月22日から全員ナスカに一本化する予定だよ、慣れないと使いづらいかもだけど。ワークフロー含めて順次変えてこうと思ってる。


大谷 子会社子会社言いつつ、CAって別部署みたいな感覚じゃないですか。だからCAMもそうかと思ったら、本当に子会社(別会社)だった! (笑)ちゃんと調べてこいって話ですけど (笑)


岩本 そう、それ私もびっくりしました。いろんな子会社行ったので、あれ、ここだけ全然違うって (笑)


大谷 CAとCAM、あまりつながりがないんで、知り合いほぼゼロから始まるんで、多少知り合いがいるところに転職したみたいな気分ですよね。


岩本 でも、それ、逆に嬉しかったんですよ、私は。知り合いが少しいるだけなんで、新鮮な環境で。


齋藤 一回、転職考えるなら、一度こっち(CAM)来てみるといいかもね。


長谷部 昔のCAっぽいってどういうところですか?


大谷 職種がまだ決めきれていないというか。コーダーとかシステムって言葉があったり。システムさん、システムさんって呼ぶのやめてほしい、悲しくなってくる・・・ (笑)


齋藤 キタ!そういうの欲しかった !けど、技術者側も運営さん、運営さんって言ってるのよ。お互いダメで。あと工数って言葉もやめたい。CAM独自の意味で使ってるからね。

見積もりとしてどれくらいかかる、っていうのは良いんだけど、(工数を)そのままお金に換算しちゃう。それじゃ、横の交流のためのちょっとした手伝いもできなくなっちゃう。だから、これから工数の考え方刷新に動くよ!

f:id:cam-engineer:20171227192235p:plain

長谷部 チームビルディング力が弱いかな。その点、CAはしっかりやってたと思う。


齋藤 そうそれ、ちょうど俺のこれからの課題なの。技術のマネジメントといっても進捗管理=マネジメントと思ってるフシがあって。

ビジネスモデルを設計する能力だったり、マネタイズする力はすごいんだけど、チームを作る力と、人の成長とセットでリーダーシップをとる力が弱いの。


大谷 CAの時、盛り上げる人がプロデューサーとかだったけど、CAMだと総務の人がパーティとか企画してくれて。CAの感じの盛り上げ方と違うなあって。

CAだとそれぞれの部署の、みんなが知ってるであろう偉い人たちがやってくれるから、自然に注目するけど、普段、全く接点ない人とかがやると、(慣れないから)ちょっと躊躇してしまうというか。


齋藤 部署の上長が盛り上げることが、チームビルドに重要だって考えてるから、自ら動くんだよね。盛り上げ役をなんとなく新人とかにふっちゃうのもダメ。何のために盛り上げるか、っていうコンセプト作りが大事なんだけどね。

フロアが汚いってなったら、じゃあ、クリキャン(※ 清掃キャンペーン)やるか、とか。課題を見つけてそれを解決するための盛り上げを、どう楽しくやるかってことを設計しなきゃいけない。

だから、ここを加速するための施策として、シャッフルランチとか、懇親会を設計する。隣の人が何してるかわからないっていうのは、問題だしね。


岩本 確かに、今は隣の部署が何してるか、全然わからない。


長谷部 横のつながりが弱いという印象ありますね、話してない訳ではないと思うけど。


岩本 CAとか異動ばっかりだから、みんな知ってるけど、CAMはあんまり異動ないですもんね。


齋藤 機会が少ないばっかりに、異動がネガティブに捉えられがちではあるよね。成長のために重要なものなんだけどね。あと、ほしい制度あったりする?


長谷部  ピザほしい!

全員 あー!ピザほしい!

f:id:cam-engineer:20171227192312p:plain

齋藤 うちも給料日近くなったらそこにピザ置いとくとかね。ピザ欲しい人!


全員 はーい(挙手)


岩本 ピザ、飽きてたんですけど、なくなったら寂しくなった(笑)。


大谷 クリスピーじゃなくて、ふっくらしている奴がいい。。


齋藤 確かにね。集まって色々喋ったり。豪華な飲み会もいいけど、そうやって、すっと集まれるのは良いよね。毎月、決まった日にカフェを解放して、自由に飲み食いできるようにするとか。


長谷部 シャッフルランチは、CAMの文化に合うのかどうかわからないですしね。


齋藤 ただ、そこで壁作っちゃうんじゃなくて、そこはTOPPA(突破)しないと!そこが職種の壁だったり、シマの壁だと思うんだよね。

他がこう言うことやってるから、自分もやってみたいと思うきっかけ作りは必要だと思うよ。朝会とかじゃ、どこの部署がいくら売り上げたとかはわかるけど、実際誰が何やってるかまではわからないし。


岩本 (シャッフルランチ)やりづらかったら、最初、県別でシャッフルしても良いかも。喋りやすくなりそう。そうそう、プレミアムフライデーでやってた物産展(※ 出身都道府県ごとにチームになって、月別の持ち回りでその土地の特産品を振る舞う会)はよかった!あれ、面白かった。


豊田 プレミアム(フライデー)はいいですよね。


岩本 (やってないグループ会社の人に)小自慢できるのが嬉しいです。


齋藤 まだ完成しきっていない、過渡期だからこそ、本当にみんなが欲しい制度とか環境を、みんなで一緒に作っていける柔軟さがあるよね。これは今、CAMメンバーとして働く醍醐味の一つなのかもね。