CA MOBILE エンジニアブログ

株式会社シーエー・モバイルのエンジニアブログです

社内勉強会始めてみました

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114135j:plain

めっきり寒くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

こんにちは、Jamiehです。

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w128 人物紹介:Jamieh(ぢゃみー)

サーバサイドエンジニアでPHPer。go langとかC++とかもやったりやらなかったり

お酒が大好き。残業は大嫌い。

前置き

いきなりですが、みなさんは勉強会とかって参加してますか? 僕は最低でも1ヶ月に2回くらいは外部の勉強会に参加するように心掛けてます。

勉強会に参加すると新しい知識が入ってきたり、いい刺激になるので社内のみんなにもどんどん参加して欲しいところです。

シーエー・モバイルでは勉強会カレンダーというものを作成して共有しており、全エンジニアがどんな勉強会に参加しているかすぐに確認することが出来ます。

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912120922p:plain

  • 「あの人が行ってるなら、僕も行ってみようかな」
  • 「あ、あの勉強会行った人がいるな。内容をちょっと聞いてみよう」
  • 「今日、勉強会行きたいのが2個あるんだけど、どっちか行ってる人いないかなぁ」

など、少しでも勉強会に参加することの敷居が下がればと取り組んでいます。

きっかけ

とはいえ、なかなか、勉強会に参加する人が増えない中、ある日


f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「どうしたら、みんなは勉強会とか参加したり興味をもったりするんだろう」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「自分で勉強会開けばよくない」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w128 人物紹介:kkkw

サーバサイドエンジニアでPHPer。

趣味:プログラム

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「は?」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「いや、だから、社内で自分で勉強会すればいいよ」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「はぁ、、、」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「こないだ、あのサービスのmysqlのバージョン5.1から5.6にあげたよね?あれ、話して」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「はぁ、、、」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「(なんで、命令口調??)」

勉強会を始めてみよう

あまり腑に落ちない感じでお願いされて、社内で勉強会をすることに。

ただ、どうせやるのであれば盛り上がって有意義なものにしたい!


f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「mysqlのバージョンアップの話するから、来週なんかテーマを決めて喋って」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「え?」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「なんでもいいから、やってよ。この形式の勉強会、これから毎週やるから」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「へ?」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「再来週はオレが喋る。勉強会のコンセプトとタイトルは決めたから。」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「う、うん、、」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「タイトルは『伝える』

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「コンセプトはスピーカーが伝えたいことをただ伝え、質問タイムは薄めの勉強会。これで行くから。」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「う、うん、、」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912114556p:plain:w48 「聞く人だけじゃなく、喋る人の敷居も下げたいから。」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「そ、そうだね、」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20160912121849j:plain:w48 「(なんで、命令口調??)」

『伝える』

こうして始めることになった勉強会『伝える』

『伝える』という勉強会を開くにあたり、会社とも連携して以下のルールで実施していくことにしました。

  • 技術的な話であればテーマはなんでもOK
  • おもしろく伝える
  • 傍聴者が10名を超えた場合はアルコールと軽食を用意する


Jamiehkkkwだけでspeakerを実施していこうと考えていたのですが、


f:id:jamieh-mongolian-chop:20161031143720j:plain:w48「おもしろそうなんで、師匠がやるなら僕もやりたい!」

f:id:jamieh-mongolian-chop:20161031143720j:plain:w128 人物紹介:ejiri

アプリエンジニアでサーバも書けちゃうイケメン・イクメンエンジニア

最近、子供が産まれたのに飲んでばっかりだからイクメンではないかも

弟子のejiriが参戦してくれることに。

こうしてspeakerも集まりなんとか始まった社内勉強会『伝える』


テーマをspeakerが好きに選ぶスタイルで実施しました。 一例ですが、何個かテーマを記載してみます。

  • 伝える 第4回 - 初めてのAnsible -
  • 伝える 第9回 - 大改造劇的ビフォーアフター 疲弊するシステム - *1
  • 伝える 第14回 -開発環境をdockerにすると何がかわるのか-
  • 伝える 第15回 - AWS Lambda 入門 -
  • 伝える 第25回 - 技術は家計を救うのか? aws lambdaで取得した為替データをamazon mlに食わしてみた -

こんな感じのライトなテーマで実施して、みんなの参加意欲が湧くように心がけました!

まとめ

最初は

本当に毎週やれるのか、

喋るネタが尽きてしまうのでは、

人が全然集まらないんではないか、

など、不安がいっぱいでしたが結果

大成功!!

speakerも最初は3人だけでしたが、何人かやってくれる人が現れ 参加者も徐々に増えて、なかなかの盛り上がりをみせました!!

f:id:jamieh-mongolian-chop:20161031153200j:plain

しかも、4月〜9月までの間、毎週実施することもできました!

今後もこのような、文化作りを積極的に実施していこうと思います!


もちろん『伝える』も続けていきます!


各社エンジニアの技術力向上のために様々な取り組みをされているかと思いますが、まずは勉強会に対する意識改革のために、社内での勉強会の盛り上げ方から 取り組まれてはいかがでしょうか